レディ

dhcのグルコサミンで健康回復|お金で買えない大切なもの

無理なく続けられます

生薬

婦人科でも処方しています

40代後半ごろから女性に増えてくるのが更年期障害です。更年期障害はエストロゲン(卵胞ホルモン)と呼ばれる女性ホルモンが閉経が近づくにつれ減少することに体が対応できずに起きる不定愁訴のことです。主な症状としては顔が火照るホットフラッシュや倦怠感をはじめ精神的なイライラや肩こりなどの症状が繰り返し現れる点にあります。これらの不定愁訴は全く感じない人もいればしばらくすると自然に解消することが多く、症状が長引く場合でもそれほど心配する必要はありません。しかし症状が重い場合などは婦人科で診察を受けることをおすすめします。婦人科では更年期障害の症状がみられる方にホルモン補充療法や漢方薬を利用した治療を行うことで症状の改善を行っています。

体に穏やかに作用

婦人科ではホルモン補充療法が中心に行われていますが、ホルモン補充療法に抵抗感のある方には漢方を利用した治療がおすすめとなっています。漢方の特徴は続けて服用することにより穏やかに作用するため体への負担が軽いため、安心して無理なく続けることができる点にあります。更年期障害に効果的な漢方薬には田七ニンジンや高麗ニンジンをはじめ加味逍遥散(カミショウヨウサン)や八味地黄丸(ハチミジオウガン)など様々です。これらの漢方薬は婦人科でも処方されているので、効果もしっかりと実感できる点が特徴となっています。更年期障害の症状緩和に漢方薬を使用したい方はドラッグストアなどでも購入することができます。薬剤師に相談すれば症状に応じて適切な漢方薬を選んでくれるので、漢方の知識がなくとも気軽に購入することができます。